2010.10.10 ウミガメヨットレースin FUKUTSU2010 ”観戦”記
津屋崎ヨットハーバーに到着したのは午前8時過ぎ。
a0105276_20212022.jpg
既に、大半のレース参加艇が、レース艤装に余念の無い状況でした。



今回ヨット師匠と一緒に乗せていただいたのは、津屋崎ヨットクラブ所属のHeatWave93艇(YAMAHA-31s)です。
a0105276_20214565.jpg
オーナーとは、5年ほど前、ハウステンボスからの復路で、悪天候撤退→再チャレンジ、の苦楽をともにしたヨット仲間で、当時はMyLadyに乗られていたのですが、今年の夏テンボスカップでお会いすると、31フィートのクルーザー/レーサーに買い替え!

ということで、今回のウミガメレース、同乗させていただきました。

a0105276_2022297.jpg
ハーバー出港直後の写真。
ヨット師匠は、ご覧の通りビールの一気飲み!それを撮影するカメラマン(私)の手にも当然ビール。
奥に座っている格好良い若者は、オーナーの息子さん。数年前、関東の超有名大学在学中は、学連ヨット部スナイプ乗り!

a0105276_20221555.jpg
スタートシーン。
んんん、なんだか、、、そうなんです。見事な出遅れでございました。
それでも穏やかに闘志を燃やすオーナー。
ビールとレースの両方が目的?のヨット師匠。
ただ写真を撮ってるだけの、お邪魔虫な私。
一人真摯にレースに臨むナイスガイのスナイプ乗り。

妙なカルテットのHeatWave艇は、約1分遅れでウミガメレースをスタートしたのでした。

a0105276_2027341.jpg
今年のウミガメ、終始5メーター前後の風が吹き、絶好のヨットレース日和でした。
幸か不幸か、相島への往路も復路もアビームで、大半の艇がスピン上げず。
勝負所は上の写真、スタートから相島へのコース取り、だったと思います。
相島への最短距離を走ると風が弱く、上り気味に走ると相島からどんどん遠ざかる。
その最中に撮影した、Three Qaurks艇と、ゴッサマアルバトロス艇を、写真集にてご覧ください。

a0105276_20223274.jpg
スタート後、那の津、LaRaの大型艇が先行しましたが、大混戦の3位争いの中、絶妙なタイミングで相島への最短ルートに進路を向けたHeatWave艇は、相島北岸ギリギリのコース取りでブローを拾い、トップに立ちました。

しかし、ワントン那の津艇とは明らかなボートスピードの差、、、結局抜き返されて、着順2位でゴール。
修正ではどうなるかとハラハラでしたが、見事1位を勝ち取りました。

HeatWaveオーナー、津屋崎ヨットクラブの皆様、今年も秋のウミガメレースを満喫しました!
ありがとうございました!!
[PR]
by rirurechan | 2010-10-14 21:36 | セーリング
<< 2010.10.10 ウミガメ... 2010.10.10 ウミガメ... >>