2010.10.23 バイクブロスライディングスクール
この歳になっても、向上心は忘れない!
バイク技術の更なる?向上と、安全運転技術習得のため、ライディングスクールを受講してきました。
a0105276_21561011.jpg
ずらりと並んだ、受講生のバイク。こちらは”初心者クラス”で、全体の参加台数は20台程度だったかと思います。
スクールの場所は、熊本県大津市のHSR(Honda Safty & Riding)、ホンダの熊本製作所のお隣です。HSRの近くまで来ると、ホンダの車ばかり走っているように感じるのは気のせいでしょうか。



a0105276_21595693.jpg
万一の転倒時に、ガラスとかの飛散防止のため、ヘッドライトやウインカーをガムテープで包みます。ミラーも取り外して、ちょっとだけレーサーっぽくなったかな。

a0105276_226034.jpg
サーキット走行を行うスクールですので、SS(スーパースポーツ)と呼ばれるレーサータイプのバイクが大半でしたが、ツーリング志向のバイクもボチボチ。さすがに、アメリカンタイプのバイクは皆無です。
朝9時開校で、午前中はサーキット走行の座学に始まり、バイクに跨って乗車姿勢等のレクチャー、初心に帰って勉強します。って、私が二輪免許をとったのは30年前!何十年もバイクに乗っていたのに、初めて聞く話ばかりで、それはそれは有意義な内容でした。

a0105276_22113361.jpg
午後は、いよいよサーキット走行。
200キロ近いスピードからのフルブレーキングなんて、公道では合法的には体験できません。
1000ccのバイクなんて、公道では合法的にはその性能の3割くらいしか使えませんが、サーキットでは、自分の腕の範囲内で、バイクがもてる本来の性能を発揮できます。

それはそれとして、上の写真の標語が気になるのは私だけでしょうか。。。

a0105276_22175441.jpg
サーキット走行は、30分弱を3本。インストラクターに先導してもらったり、後ろから走りを観察してもらったり。走行の合間には、色々なアドバイスをもらえます。

a0105276_2218635.jpg
先生と生徒、立場も違えば、技術レベルの差は天と地の開きですが、バイク好きであることは一緒です。もっと安全に楽しくバイクを走らせたい。そんなスクールが楽しくないハズはありません。
思い切ってスクールに入って、良かった!!
ライディングスクールに興味をもたれた方は、こちらRSG(Riding Sports Garage)さんのサイトをご覧ください。

a0105276_22182056.jpg
朝9時から夕方5時まで、充実した楽しい時間は、あっという間に過ぎ去りました。

私は、写真を撮るのが好きになるにつれて、自分を被写体にすることに興味がなくなっています。が、今回ばかりは、自分の走行写真が欲しくなってしまいました。
[PR]
by rirurechan | 2010-10-24 23:16 | サーキット
<< 2010.11.3 モトクレス... 2010.10.21 博多湾産... >>