2010.12.4 津屋崎から博多湾へクルージング
a0105276_23211012.jpg
土曜日は、翌日のホワイトセールレースに参加するため、津屋崎マリーナから博多湾へ向かう那の津艇に乗せてもらいました。
上の写真は、津屋崎マリーナにて。ご覧の通り、雲ひとつ無い快晴でした。





a0105276_2323794.jpg
オーナーK氏と、熊本でノラ26に乗られているT氏、それに最年少なのにお手伝いもせずに写真を撮っている私の、計3名でのクルージングです。

a0105276_23245545.jpg
金曜日は強風が吹き荒れましたが、今日は風も落ち着き、うねりだけが残るコンデョション。
抜けるような青空、風は冷たく、毛糸の帽子が心地良い気温でした。

a0105276_23251124.jpg
博多湾に入ると、唐泊漁港へ直行。目的はもちろん、恵比寿カキ。

a0105276_2325204.jpg
遅れて津屋崎を出発したスリークオークス艇の3人と合流して、6名での宴会です。
牡蠣は蒸して食べました。蒸し時間は沸騰してから6分。
酔っ払ったおじさんが、しきりに腕時計を気にして、6分ジャストで取り出すと、至高の味わい。

a0105276_23253113.jpg
牡蠣の次は刺身です。
玄人肌の包丁捌きで、見てください、こんなに綺麗に切れました。

a0105276_23254276.jpg
こちらはピンボケでごめんなさい。包丁人の次の料理は、アラのお吸い物。
酔っ払い料理じゃないですよ!
熱湯にくぐらせた後、冷水で丹念に洗って、昆布、塩コショウと、牡蠣のゆで汁で味付けです。
ヨットのキャビンで、こんなに本格的な料理を食べられるとは、、、絶品の味わいでした。

料理が美味しすぎて、スリークオークの皆さんの写真撮り忘れてゴメンナサイ!

a0105276_23255184.jpg
明日のレースに備えて、那の津艇にてシュラフにもぐりこんで就寝です。
そりゃぁ寒かったですが、楽しいキャンプ気分の船中泊でした。

2日目に続く。。。
[PR]
by rirurechan | 2010-12-07 23:45 | セーリング
<< 2010.12.5 早朝の小戸... 2010.11.27 秋月の紅葉 >>