2011.3.5 STレーサーをいかにしてサーキットへ運んだか
前回の記事に、たくさんのコメントをいただき、嬉しい限りです。
ブログ作りの原動力は、コメントをいただけるのが一番だなと、しみじみ実感しています。

さて、今日は、、、
a0105276_2122373.jpg
SPA直入での写真撮影に至るまでのお話です。




そもそもは、ミニサーキットを走るために100ccくらいの小さなバイクを探していました。
が、たまたま、RSGさんにて600ccのレーサーが売りに出ていることを知って、中村ライディングドクターにメールで相談した後、後学のためにと、那珂川のRSGショップへ見学に行きました。
見に行く前は自分に乗れるハズが無いと思っていましたが、RSG代表皆木さんの「楽しめると思う方を買えばいいんじゃないですか。」との言葉で決断してしまいました。

ちなみに、このバイク、前オーナーの時代は、タンクだけ黄色だったんですね。
赤と黄色、、、控えめな性格の私にはちょっと派手過ぎましたので、タンクも真っ赤に塗り替えることにしました。

最初は自家塗装を考えたのですが、マンション住まいで塗り場所を見つけられずに困っていたところ、皆木さんから「タンク塗ろうかぁ~」って、とても良心的な値段のご提示を受けて、飛びついてしまいました。

2週間後に出来上がり。
それはそれは見事な出来栄えで、タンクだけ綺麗じゃ申し訳ないと、カウル・シート類を全て取り外して、コンパウンドで3段階!に磨き上げました。
a0105276_21285949.jpg
すいません、物の怪にとり憑かれたような表情で作業に集中していますので、モザイク加工にて失礼します。
それにしても、2月下旬の真夜中ですよ、、、Tシャツ1枚で寒さを感じていないみたいですね。


こうやって、バイクはピッカピカに仕上がったのですが、サーキットを走るためには、大きな課題が残っていました。

レーサーは公道を走れません。(この手のバイクは、お金を払っても絶対車検を取れないらしいですね。)なので、サーキットへは車に積んでいきます。私の場合、軽トラのレンタカー。

問題は、どうやって積み込むのか??
とりあえず、アルミ製のハシゴと、タイダウンベルトは準備しましたが、170kgものオートバイを、自力で積み込めるのか、心配でしんぱいで、、、。

結局、RSGショップにバイクを受け取りに行った際、皆木さんにお願いして、
a0105276_21475898.jpg
ライディングスクールの主催者に、マンツーマンで、積み込み方法からベルトでの固定方法まで勘所をバッチリ教えていただくという、贅沢極まりない特訓を受け、3月5日、大分県のSPA直入に無事到着できたのでした。


それにしても、シーズン前の準備作業で超多忙な時期だったはずなのに、「もぉ1回、あと1回」と、何度も積み下ろし練習を繰り返すおっさんに、快くお付き合いただいた皆木さんには、感謝の念にたえません。

皆木さん、色々とありがとうございました。
今後は、サーキットにてお世話になります!
[PR]
by rirurechan | 2011-03-09 23:25 | サーキット
<< 2011.3.13 今できること 2011.3.5 盆栽ライダー... >>