2013.8.18 ヨット回航とスマホの活用
8月25日に開催されるハウステンボスカップヨットレースに参加するために、8月17~18日で福岡・津屋崎からハウステンボスへの回航に同乗させていただきました。
a0105276_10242834.jpg

朝8時に津屋崎を出航し、夕方平戸に到着して船中泊。翌朝も8時に出航し、夕方ハウステンボスに到着です。

長時間の回航は3年ぶり。
これまで、ナビゲーションは小さなパソコンを持ち込んでいましたが、今回はスマホ(i-Phone)を活用しました。

知ってる人には当たり前の世界なのでしょうが、昨年やっとガラケーからスマホに買い換えて、スマホの機能はFacebookとカーナビ、カーステレオ程度にしか使っていなかった私には、「スマホがここまで使えるのか!」と新鮮な驚きでしたので、以下ご紹介します。



初めてGPSをまともに使ったのは、15年以上前、広島で購入したヨットを福岡まで回航する際に用意したマゼランのハンディGPSでした。
地図なんてものは付いておらず、紙チャートから読み取った目的地の緯度・経度を手入力で打ち込むので時間がかかり、正確性にも欠けるので、一睡もできずに出航時間になったことを覚えています。

次に購入したガーミンのGPSは、モノクロでしたが簡易チャートが付いていて、パソコン接続もOK。これで、ウェイポイントの入力がずいぶんと楽に、正確になりました。

a0105276_1785956.jpg
その次は、GPSアンテナをUSB接続したノートパソコンにてC-MAP(電子海図)を利用しました。これで、紙チャートとほぼ同等の精度で水深がカラー表示できるようになり、ナビゲーションが劇的に進化しました。

いずれにしても、「GPSによるナビゲーションをできるだけ安価に実現する」のがポリシー(”貧乏”ともいいますが)であり、高くても数万円程度で実現していました。

今回も、ノートパソコンを持ち込もうかと思ったのですが、せっかくスマホを持っているので、安価なアプリがないかと探したところ、スパホ版のC-MAPがPlan2Navとの無料アプリで出ていることに気付きました。

a0105276_1032061.gif
アプリは無料でも海図は有料。上図の範囲で2200円!過去に要した費用と比べると一ケタ安い!!
本当に大丈夫なのか、、、と心配でしたが、駄目ならダメで人柱になればいいさと、ダウンロードしてみました。

a0105276_10314415.gif
上の図は、北九十九島の沖ノ六ツ瀬灯浮標を通過する際の実際の画面です。
黒い線が、事前入力した予定ルート、赤い線は目的地(沖ノ六ツ瀬の西側)に向かうコースです。
目的地への方位(注:真方位です)、進行方法、目的地までの距離、コースのずれ等が表示されるので、小型船舶のナビゲーション用として最低限必要な機能は備わっています。(速度表示が別画面なのはちょっと残念ですが。)

※ちなみに、1日目は目的地を設定する方法がわらからず、「このアプリ使えない!」と思い込んでいました。原因は、「GO TO」のことを「進む」と日本語表示されていたから。ヘンな日本語に訳すくらいなら、英語標記の方が嬉しいなぁ。。。「できるよ!」ってFacebookのコメントで教えてくれたRindaさん、ありがとう!!

a0105276_10323373.gif
また、今回は安定した天候で不要でしたが、インターネットから天気予報をダウンロードして、チャートに重ねて表示することができます。上図は風向・風速ですが、波高、天気予報、気温等の表示可能です。数時間毎の予報が表示されるので、風向きの変化の参考になりそうです。


a0105276_10325245.gif
こちらは、針生の瀬戸の潮待ち&昼食で立ち寄った佐世保湾の横瀬。上図ではわかりにくいですが、陸地は人工衛星からの写真をチャートに重ねて表示できるので、知らない土地でもわかりやすそうです。
横瀬は初めて立ち寄った小さな港でしたが、C-MAPでのナビゲーションと水深計を併用し、安心して入港できました。

a0105276_1033796.jpg
横瀬での記念撮影。後に見える防波堤が、上図のチャートの中央に表示されている細い防波堤です。


a0105276_10333027.jpg
今回はご覧の通りのベタ凪の回航でしたが、悪天候の時こそ重要になるのがナビゲーション機器。
波を被り、転げ落ちそうになる状況では、スマホにしっかりした防水対策が必須になります。


a0105276_16573722.jpg
それと気になるのが、スマホのバッテリー。もちろん、普段の3倍速くらいで電池が消耗したように感じました。今回は、シガーソケットから充電しながらでしたので不自由ありませんでしたが、いざという状況ではどうでしょうか。。。


a0105276_10335778.gif
もうひとつ、これを言っちゃあ、なのですが、、、起動・終了の度に、上図の画面が表示されたり、無反応になったり。このアプリさん、あまり完成度が高くないようで、ひっきりなしにフリーズしているようです(^^ゞ


なにしろ2200円ですで、興味のある方や、なんらかのナビゲーション機器の購入を考えている方は、お試しされてみるのもいいかと思います。アンドロイド版も出ているようです。
ただ、最後に当たり前の話ではありますが、アプリだけを全面的に信用するのは危険(かも)。
今回も、紙海図と照合しながら利用したのは当然のことであり、複数の情報を入手して、多角的に分析することで、ナビゲーションの精度を高めるように心がけました。


a0105276_10334347.jpg
(大村湾でリトルウイング艇に撮っていただいたHW艇、右端の麦藁帽子が私です。)

ということで、HW艇Aオーナー。二日間お世話になりました。スマホをいじるか、写真撮ってばかりの役立たずクルーを快く乗せていただき、ありがとうございました。
来週のレースもよろしくお願いします!

で、C-MAPダウンロードされましたか?
ここまで書いて、私の説明よりも断然わかりやすい記事があることに気付きました(T_T)
Aオーナー、こちらも読んでくださいね!
[PR]
by rirurechan | 2013-08-19 10:43 | セーリング
<< 2013.8.25 ハウステン... 2013.4.7 スーパーサン... >>