2007.10.7 ウミガメヨットレース in 津屋崎
a0105276_135718.jpg

 今年で4回目となった、福津市津屋崎のウミガメヨットレースへ行ってきました。
 回航、前夜祭の模様は次回に回して、とりあえずレースの報告です。





a0105276_13572890.jpg

 ウミガメレース、目を三角にして走っちゃダメです。例年、スタートは合図無し、各艇定刻になったら自主スタート。今年は、この大漁旗がスタート5分前の合図です。レース委員長氏曰く、「ゼネリコとりたくないから、リコールせんごとね、、、」


a0105276_13573674.jpg
 
 アズミは、前日までは「スピン無し宣言」でレーティングを稼いで、のんびりクルージングモードで優勝?を狙う、、、なんて言っていましたが、当日朝になると、レーシングモード(汗)。いつものように、レース艤装完了です。


a0105276_13574566.jpg

 スタート前は、ほんのわずかな東~南の風、、、スタート直前に、西寄りの風に変わり、どうにかスピンスタート。いち早くスピンを上げた小戸のセカンドラブ(Far39.5)、ジェッタ(Seam31)に続き、アズミ(Yamaha33S)は3番手。と、思ったら、、、。


a0105276_13575369.jpg

 下側に良い風が吹いていたようで、唐津のハミングバード艇(Swing31)がぐんぐんと艇速を伸ばし、トップで上マークを回ります。
 ハミングバード艇は、元はハウステンボスカップを2度制した津屋崎のモビーディック艇ではなかろうとかと思います。舵誌に「ミドルボート選手権に出場すれば、トップ争いに加わるはずだ」と書かれた名艇です。


a0105276_13581040.jpg

 アズミは、ハミングバード艇に続き2番手で上マーク回航。
 気を良くしたメンバーは、さっそく記念撮影。しかし、どうもこれが悪かったようで、撮影が完了すると、ハミングバード艇との距離は開いているし、下側からセカンドラブ、ジェッタが追い越して行く、、、後方からは、津屋崎の名艇「星翔」が迫ってくる。
 すいません、写真撮ろうと言い出したのは私でした。


a0105276_15125150.jpg

 西から北に変化した風は、ほとんど止まらんばかり。スピンを上げたり降ろしたりするも、相島は遥か彼方、、、こりゃ、ノーレースかとぼやき出した頃、本部艇がこちらに向かってくるが、何故かその時、風が吹き出して本部艇は去って行く。レース続行。
 その風をいち早く掴んだアズミは、一度抜かれたメタクサ(First40.7)を抜き返す、果然一同やる気を取り戻す。しかし、、、。


a0105276_13581981.jpg

 またもや風が落ちて、艇速1ノット前後の世界。おまけに、今にも雨が降りそうな気配。
 この時点で、順位は、ジェッタ、セカンドラブ、メタクサ、そしてアズミ。
 相島を目前に、ようやく安定した風が吹いてきたが、同時に土砂降りの雨。タイムリミットまで1時間もないのに、まだコースの半分しか走っていない、、、そこに本部艇が現れて、「ノーレース」の宣告。

a0105276_13582860.jpg

 レース終了後、昼食を食べて、記念撮影。ノーレースでも、皆、この笑顔!

 ということで、4時間のウミガメレース、楽しませていただきました。

 前日まで台風襲来かの心配、、、当日は打って変わって風が吹かず、、、と気苦労が多かったことと思いますが、 津屋崎ヨットクラブの皆様、レース開催本当にご苦労様でした。ありがとうございました。
 秋のクルージングを兼ねた大らかなヨットレースとして、今後も末永く開催してください!
[PR]
by rirurechan | 2007-10-08 15:32 | セーリング
<< 2007.10.6 津屋崎ハー... 2007.9.23福岡ヨットレ... >>