2008.6.15博多ヨットクラブ第4戦
 大変、たいへん、ご無沙汰していました。
 レース関係の記事は、昨年10月のウミガメレース以来、、、個人的には、なんと8ヶ月ぶりのヨットレース参加、アズミ艇からのレース報告です!

a0105276_1784392.jpg


 コースは、小戸沖をスタートして、クタベ瀬のブイを反時計に回る「行って来い」のコース。
 天候は雨、南東の風10ノット弱、、、ということはスピンスタート。

 大変申し訳なかったのですが、久しぶりのレース参加で、スタート前は、なにがどうなっているのやらさっぱりわからず、、、気付いた時には、本部艇反対側のブイぎりぎりから、ジャストタイムにナイスなスタート!すぐさまスピンアップ、トップだ!と思ったら、、、何かおかしい?




 んんん、スピントリム誰がやってるの?っていうか、スピンシートはどこにあるの??
 と、前を見ると、バウマンが船首で海中からシートを回収中、、、、スピンハリ上げたし、アフターガイも引いたんだけど、、、残念ながらスピントリマーが不在で、スピンシートが吹っ飛んでいたのでした。

 で、大慌てでスピンシートを付け直したのですが、、、
・スピンは真ん中で捩れているし、
・スピンハリがマストのてっぺんでヘンなことになってスピンがバースト寸前だし、
 さすがはスピンスタート、その他の細々も含めて、もぉスピン関係のトラブル出尽くし、、、ってカンジでございました。

 が、スピンをチェンジして正常走行モードに移行するまで、時間すれば数分間、冷静沈着スキッパーの指示での的確な対応、、、大した出遅れにはなりませんでした。

 艇団は、東(能古)寄りと、西(大原)寄りに、大きく分かれています。東寄りの艇団は、色付きセール多し。西寄り艇団は白セール多し。アズミは東寄り艇団の一番西側、なかなか良い位置にいる、、、と思ったのですが。

 軍配は西寄り艇団に上がり、アズミは10位くらいで、クタベ瀬ブイを回航。

 しかし、アズミは、それから頑張った!。

a0105276_1843519.jpg


 上の写真ではいまいち緊迫感が表現できていないのですが、唐泊崎の岸寄りギリギリをタック無しで通過し、先行艇を次々に追い越す、、、って言っても、白セールの艇が多かったような気が、、、。

a0105276_188895.jpg


 最後は、上の写真の2艇。
 ゴール直前に追いついたのですが、追い越すには後5分必要でした。

 ということで、着順4位?だったかな、でレースは終わり、土砂降りの雨の中、後片付けをして、クラブハウス2階で昼食です。

a0105276_19163956.jpg


 話題は、「壱岐レース出れる人は?」
 私、「是非、参加させてください!!」
 
 1月から4月まで、休みは月に1日だけの仕事漬けの毎日。
 半年間ヨットから離れて、セーリングの魅力を忘れかけていましたが、久しぶりのヨットレースに参加し、仕事のストレスもすっかり解消、「やっぱりセーリングが一番!」って実感しました。
 これも、「勝っても負けても、晴れても雨でも、いつも笑顔のチームアズミ」のおかげだと思います。

 次回レースもよろしくお願いします!!
[PR]
by rirurechan | 2008-06-15 21:03 | セーリング
<< 2008.07.13アサヒビー... 外輪山一周ツーリング >>