2008.8.15ハウステンボスへ回航
a0105276_945825.jpg


 8月16日(土)、午前10時半、来週のヨットレース参戦のため、AZUMIはハウステンボスに到着しました。





a0105276_9465027.jpg

 15日(金)の午後10時半、お兄さん親子と、メタクサオーナーのお見送りを受けて、小戸ハーバー出航です。

a0105276_949747.jpg

 昼間の福岡は豪雨、、、しかし、出発時、満月が姿を見せていました。
 でも心配だったのは「雷」
 アズミオーナー曰く、「海上で雷が鳴り出しても、逃げるところないじゃん。」
 まったくもって同感です。私も、かみなり大嫌い!!

 出航後、玄界島を右手に博多湾を出た頃、雨が降り出してカッパ着用。呼子に向かいながら、右手対馬方向で、ピカピカ・ゴロゴロでしたが、幸いながら、怖い思いをするほどではなく、雨もまもなく降り止み、概ね平穏無事な回航となりました。

 あ、オーナーの写真がなくて失礼しました。
 雷が怖くて、キャビンに閉じこもっていたわけではありませんので、誤解なきように。

a0105276_9561394.jpg

 午前6時前、平戸の向い潮と格闘した後、 朝食はバナナとトマト。
 トマトには、塩が欲しかったなぁ、、、。

a0105276_9581044.jpg

 大村湾に入ると、巨大な構造物を積んだ船が係留していました。船首の名前を見ると「ちきゅ
う」、、、おおお、これは、地球深部探査船「ちきゅう」だ!!

 「ちきゅう」は、「人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船」だそうで、整備のため佐世保湾に係留中でした。
 理科系大好きのは私、思わぬ出会いにちょっぴり感激でした。
 「ちきゅう」のホームページは、こちらです。

a0105276_105060.jpg

 テンボスハーバーは、すでに満杯状態で、係留にちょっと手間取り。
 結局は、ヨットハーバーではなくて、咸臨丸とかが出入りする港に係留することになり、ハーバーマスターが乗り込まれた、写真のテンダーの先導で、係留場所へ向かいました。

a0105276_1065669.jpg

 帰りは、諫早で名物の鰻で昼食後、武雄温泉で疲れを癒してから、帰福しました。

 来週は、土曜日午後テンボスに陸路到着予定。
 前夜祭、レース、楽しみですね。
[PR]
by rirurechan | 2008-08-17 10:23 | セーリング
<< 2008.8.19慶良間阿嘉島... 2008.08.09HYCサン... >>