2008.9.21博多ヨットクラブレース(長間瀬回航)
 9月21日の博多湾、マリノアズカップ(メイヤーズカップ)と、博多ヨットクラブレース、2種類のレースが開催され、AZUMIは博多ヨットクラブレース(以下、HYCと略します。)に参加です。

 朝から強い雨が降っていましたが、昼前には止むだろうとの天気予報、レースは1時間遅れの12時に、雨も上がり晴れ間が見える絶好のレース日和の中をスタートしました。

 HYCは、年3回ロングコースのレースを開催するのですが、壱岐レース以外は、通常は相島回航。今回は、1時間遅れと軽風を考慮してか、玄界島の北西4マイルにある長間瀬を時計回りに回航する約20マイルのレースとなりました。コース略図をご覧ください。

a0105276_21183733.gif




 レース海面では、マリノア沖を11時半頃スタートしたメイヤーズカップ参加艇が、HYCのスタートラインの北側を横切ります。AZUMI艇上では、長崎から参加されたSea Sparow艇に声援を送りました。
a0105276_21291294.jpg


 メイヤーズカップは、南からの軽風を受けて順調にスタートしたのですが、HYCのスタートラインの北側に設置した第1マークを回る前に風が無くなり、10分?遅れでスタートしたマリノアズカップ参加艇がどんどん迫ってきます。
 その様子を見た、HYC参加艇は、準備したスピンを上げることなく、クローズホールドでスタート、結局今日のレースは、5~10ノットの北風の中を、メイヤーズカップ、マリノアズカップ、HYCの3つのコースを走るレース艇が入り乱れるレースとなったのです。

a0105276_21365317.jpg

 上の写真、手前はHYCに参加した「ひらひら」艇。今回も手堅いレースで着順3位です。
 後方は、韓国からのマリノアズカップ参加艇のようです。50フィート超かな?、大勢のクルーが乗艇されていましたが、ひらひらの方が速かった!?

 HYCは、飛梅を先頭に、ハミングバード(ババリアマッチ35)が続き、トロピカーナ(ババリアマッチ35)、ひらひら(Y31フェスタ)、AZUMI(Y33S)が3位争いを繰り広げます。

 と、その頃、AZUMI艇上では、いつもの記念撮影、、、。
a0105276_21465185.jpg

 いえいえ、今日のレース、弱々しい風を必死に拾いながら、細かなトリムを延々と続けます。写真大好きな横着トリマーの私でさえも、撮影する間もなくトリムに専念したのでした。

 下の写真は、コース短縮されたマリノアズカップのゴールシーン、手前がファーストホームの長崎シェンロン艇、後方が2位の博多のsakura艇です。(正式結果は未確認、違ってたらごめんなさい!)
a0105276_21513910.jpg


 この時点で、HYCはまだ全体の4分の1しか走っていない。この後、クタベ瀬を右手に見ながら、潮の流れる狭い水道でタックを繰り返し、博多湾を脱出します。
a0105276_21585662.jpg

 上の写真は、西浦漁港をバックに、玄界灘を6番手で走るゼフィルス艇です。

 さて、長間瀬はどこか??
a0105276_21582352.jpg

 先行艇は、浅瀬を避けて、落とし気味の走り。(飛梅乗艇者の後日談:長間瀬の西側でトローリングしている漁船が多かったので避けた、とのこと)
 AZUMIは、GPSと睨めっこして、長間瀬のブイぎりぎりを狙います。
 が、漁船に行く手を遮られて5番手でブイを回る。

 そして、スピンラン。
a0105276_2223323.jpg


 AZUMIは、上り気味のコース引きで、ごぼう抜き?を狙いました。途中まで、かなり順調に走ったのですが、能古島が近づいた頃から風が落ち気味となり、、、。
 先行4艇は、大原海岸寄り、AZUMIは能古島西岸ぎりぎりから、それぞれゴールにアプローチ。結果は、大原組の勝ち。AZUMIは、1艇だけ追い抜いて着順4番手でゴールしました。

 今日は、スタート前を含めて5時間以上のセーリング。充実感と、快い疲れが残った一日でした。

 
a0105276_2210755.jpg

 すっかり晴れ上がった夕暮れの小戸ハーバーで、レース疲れも見せずに一致団結、テキパキと後片付けです。
 いやぁ、今日も楽しかったですね!10月のレースもがんばりましょう!!
[PR]
by rirurechan | 2008-09-23 22:47 | セーリング
<< 2008.9.21Team A... ハウステンボスカップの思い出 >>