2009.3.8 玄海ヨットクラブポイントレース
a0105276_201528.jpg

いきなり、妙な写真から始まりましたが、今回のレース、風が無かったですね。。。
コースは、小戸沖をスタートして、クタベ瀬のブイを時計回りに回航して、戻ってくるコース。
クタベ瀬ブイを視認できるようになった地点から、そよそよと風が吹き出し、復路のスピンランは、それなりに快適だったのですが、いや、それまでの超微風、疲れました。。。




a0105276_2043371.jpg

スタート4分前、本部艇横から、スタートラインに入ります。
今回の参加は、全7艇。
右端が、本部艇のシャチガリベルテ。そこから左に、「噂の」メイビー艇、ジェッタ(SEAM31)、ひらひら(YAMAHA-Festa)。


a0105276_2014511.jpg

スタート前のマリーンダンサー艇(SEAM-33)。
スタートは出遅れ気味でしたが、微風が吹いてくると、圧倒的なボートスピードの差で、AZUMIに迫りました。


a0105276_2015592.jpg

こちらもスタート前の、スルスミ艇(X-35OD)。
リコールで再スタート。超微風下の再スタートは、苦しかったことと思います。
それを見ながら、「気の毒に、、、」と、その時は思ったのでした。


a0105276_2018665.jpg

今回のレース、終始トップを走ったジェッタ艇。
スタート後しばらく走ると、風が西に回り、スピンアップ。
しかし、弱すぎる風で、ご覧のとおり。


a0105276_20182394.jpg

その風が止み、しばらく停滞後、北東の風が吹き出す。
ジェノアにチェンジして、ジェッタ、ひらひら、AZUMIの順にそろそろと走り出し、その他の艇との距離が開く。


a0105276_2021245.jpg

机島に近づくにつれて、風が安定してきました。
写真は、大小机島をバックに帆走する、ひらひら艇です。


a0105276_20215356.jpg

もう一枚、玄界島をバック、ひらひら艇。
同じ艇ばっかり載せるなよ、、、って、他の艇は離れすぎて、残念ながら撮影不能でした。

この後、3番手でブイを回り、スピンランでひらひら艇を抜き去り、ジェッタ艇に迫る。。。

結局、2番手でゴール、、、、、、、、と思ったのですが、、、、、、、

ホーンが、、、鳴らなかった。
[PR]
by rirurechan | 2009-03-09 21:24 | セーリング
<< 2009.3.8 玄海ヨットレ... 2009.3.8 玄海ヨットク... >>