2009.7.18 博多ヨットクラブ/壱岐レース
a0105276_21163879.jpg

わたくし、恥ずかしながら、博多湾セーラー歴20ン年にして、初めて壱岐レースを完走しました。

遥か昔に参加したときは、朝、目が覚めたら玄界島の真横でリタイア。
昨年、一昨年と、家族旅行のため参加できず、今回、AZUMI艇クルーとして、初めて七湊にゴールできたのです。




a0105276_2117530.jpg

18日(土)の夜9時AUZMI艇に集合で、レース艤装を終えたのが10時頃。
時間に余裕があり、艇長会議の様子を見学しました。
右端で説明されているのが博多ヨットクラブ会長氏、「リコールしないように気をつけてね」って、、、そうなんです、数年前のレースで、リコールに気づかず、スタート数十分後にスピンを張ってゴールラインに引き返した悲しい艇が数艇いたのでした。


a0105276_2117228.jpg

深夜零時のスタートに向けて、23時半頃出航しました。
スタートラインは、小戸ヨットハーバー入り口と、本部艇を結ぶライン。
南西の風、16ノット程度だったと思います。
AZUMI艇は、何度もスタートの練習を繰り返しました。


a0105276_21173786.jpg

スタート直後の写真、AZUMIのシモからスタートしたドラゴンゲートスルスミ艇です。
トップは、ハミングバード艇。
AZUMIと、スルスミ艇が2位争い。
ジョーダン艇が、後方から追い上げます。

唐泊沖まではアビームで順調に走りますが、クタベ瀬ブイ付近で風がクルクル回り、各艇苦戦します。
そして、博多湾脱出とともに、20ノットオーバーの南西風が襲い掛かりました。


a0105276_21175144.jpg

この写真は、まだ余裕が見えますので、多分博多湾内での撮影です。
その後は、もぉ大変だったのですよ。。。
写真の通り、ハイクアウトも人手不足、メイン・ジブのトリマーは大忙しとなりました。
結局は、烏帽子灯台付近で風が更に強まり、ジブをチェンジしたのですが、かなり手間取り、遅れをとってしまいました。

さらに、情け無いことに、ジブチェンジ中に船酔い者発生、、、私です。。。
しかし、人手不足でマグロになるわけにもいかず、やむなくヘルムをさせていただきました(恥)。
その後、AZUMI艇上の計器でMax27ノットまで吹き上がる中を、何度も頭からスプレーを浴びながら、19日(日)の午前5時前に七湊にゴールし、宿泊先の印道寺港へ向かったのでした。


レース中は、疲労困憊+船酔いで大変でしたが、終わってみると、「頑張ったなぁ」って充実感が残りました。そして、壱岐の民宿で、お風呂に入って、美味しいお刺身食べて、ビール飲んで、、、AZU兄さんの「壱岐レースが一番好き!」を、しみじみと実感しました。

明日は、壱岐のお刺身?をご紹介する予定です。
[PR]
by rirurechan | 2009-07-22 22:09 | セーリング
<< 2009.7.19 博多ヨット... 20090627 VORG第10レグ >>