<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2010.9.24 秋のツーリング 竹田 ~ 湯坪温泉
家族サービスや仕事関係のため2週間連続でヨットレースから遠ざかりヨットブログはご無沙汰、今回はバイクブログです。
a0105276_2214431.jpg
久しぶりの一泊ツーリング。初日は上の写真やまなみ朝日台までは晴れていたのですが、その後はずーっと曇り空となりました。

続きを読む。。。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-29 22:29 | ツーリング
2010.9.5 HYC R7  May be艇の巨大ジェネカー
a0105276_2155178.jpg
ブレブレ写真でスピード感を出してみた(つもりの)、May be艇です。

今回のレース、AZUMIとMaybe艇は、スタートから折り返し点まで大接戦となりましたが、折り返し点からは、ポートタック一本でジェネカーにちょうどよい風向き、まさに「May beの風」が吹いたのではないでしょうか。
そんなMay be艇の巨大ジェネカーに追い越されるシーンを、写真集にてご覧ください。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-09 22:05 | セーリング
2010.9.5 YAMAHA-33S ver.2010 新艇!?
もし、YAMAHAさんが、今でもバリバリでヨットを作っていたら、33Sにはこんなガンポールを付けるんだろうか、、、なんて想像したくなるヨットが、今年博多湾に出現しています。
a0105276_21173028.jpg

MALOLO艇オーナーの熱い想いを実現させたYAMAHA-33Sは、ハウステンボスカップでもオープンクラス堂々の2位でした。
その際のヘルムスマン、高木裕さんのコメントをブログから転載させていただきますと、、、
--------------------------
私が乗るマロロ(ヤマハ33)はオープンクラスで出場
結果2位フィニッシュの修正2位となった。
マロロはヤハマ33だが色々とチューニングされていて
ヤマハ33とは思われない走りだ
40フィートクラスやX-35にも走り勝つ素晴らしい走りだった。

--------------------------
なんだそうです。。。

また、博多で艇をリフレッシュされていたときの模様が、tonyさんのブログにて紹介されていますので、ご覧ください。

最後に、9月5日博多ヨットクラブレース第7戦でのMALOLO艇の走り、私の写真集もご覧くださいね。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-07 21:30 | セーリング
2010.9.5 HYC第7戦 AZUMI特集
JORDAN艇に乗られている梅さんから、嬉しい写真が届きました。
スタート前を中心に、AZUMIの写真がテンコ盛り。
どんなに頑張ってもこれだけは自力じゃできない、AZUMI艇の特集です。

a0105276_19523716.jpg
間違えて福岡ヨットレースのスタートラインへ向かってしまい、途中気付いて大慌て、、、で引き返してきたところです。

続きを読む。。。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-06 20:11 | セーリング
2010.9.5 博多ヨットクラブレース NO7
9月の博多ヨットは、2回レースが開催されます。
今回は、机島手前の浮標を反時計に回航する、行って来いのコース。
a0105276_22553781.jpg


続きを読む。。。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-05 23:21 | セーリング
2010.9.4 高校の運動会でチアリーダー
久しぶりの親馬鹿記事ですんません。。
a0105276_19543598.jpg

今年高校に入学した長女の運動会がありました。
入学前から憧れていたチアリーダー。
猛暑の夏休み、ほとんど毎日学校へ出かけて、練習漬けの日々でした。

続きを読む。。。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-04 20:10 | Family
2010.8.29 ハウステンボスカップヨットレース 夏が終わらない
a0105276_7253195.jpg
毎年、テンボスカップが終わると、”夏の終わり”を実感していたのですが、今年の暑さといったら、、、いつまで続くんだろう。

とうことで、テンボスカップの記事、涼しげ?な写真をご紹介しておしまい、とします。
こちらをクリックして、写真集をご覧ください。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-03 07:45 | セーリング
2010.8.29 ハウステンボスカップヨットレース!
a0105276_22553652.jpg
大村湾にしては、順風ともいえる南風で始まったテンボスカップは、何度となく風が弱くなりハラハラさせられましたが、第1マークを経由して第2マークを回航する頃には、紛れもない”良い風”となりました。
しっかりと出遅れていた我らがAZUMI艇は、ジェネカーを上げて挽回を図ったのですが、大崎半島に達すると、先行艇が無風の海面を漂っていることに気付きました。

超ラッキー!と思ったのも束の間、AZUMIも漂うヨットの仲間入り。。。

それまでの行程で、「観測史上最暑の夏」の直射日光に焼け焦げになっていたAZUMIメンバー一同は、熱中症状態の体に鞭打って、ジェネカーとジェノアを交互に上げ下ろして、何度もジャイブを繰り返して、12時半頃ゴールラインに辿りつきました。。。

ということで、写真を撮るヒマも余裕も無い(当たり前?)状態で、こっそり撮影した数枚を、”今日から復活”の写真集にてご覧ください。
[PR]
by rirurechan | 2010-09-01 23:57 | セーリング